1. HOME>
  2. 出版物>
  3. かがやく歌1

「かがやく歌 T」

かがやく歌T楽譜  授業と保育のための歌曲集
  「かがやく歌 T」
  (機関車のうた)
  コードネーム付き
  音楽教育の会【編】
  58曲 122頁 定価1,500円


   1998年8月10日 第1刷発行
   2013年6月27  新第1刷発行(初版より累計9刷)



曲目 曲目
1 たんぽぽひらいた 31 みんなで行こう
2 つくしがでたよ 32 ブルッキーのひつじ
3 チポリーノの冒険 33 つまさききらきら
4 森のかじや 34 だれがこおりをとかすの?
5 機関車のうた 35 ほたるこい〜じんじん
6 はる 36 兄さん太郎は
7 小鳥の結婚式 37 てぃーちでぃーる
8 春だ春だ 38 夏の樹
9 春がきたよ 39 夏の風の歌
10 春がきたら 40 ます
11 鳥さしパパげーノ(おいらはちょっと) 41 ます(混声四部合唱)
12 鳥さしパパげーノ(おいらはちょいと) 42 あれののばら
13 魔法の鈴(きれいなおとだ) 43 たび
14 魔法の鈴(なんたるひびき) 44 どこへ?
15 さあ出かけよう 45 ミューズの子
16 君を迎える日 46 詩人、ミューズのお気に入り
17 ああ もみの木 47 ポルスカ
18 さあ 楽しもう 48 明るい月は輝く
19 ホップステップジャンプくん 49 冬の終わりの
20 はずむよはずむよ 50 川の合唱
21 手まわしオルガン 51 子どもと川と風の合唱
22 オレンジ売りの歌 52 歌はかがやき
23 そんごくう 53 わが想い風になり
24 世界の子供よ 54 満月の夜に
25 みんなでおどろう 55 私の歌はふるさとです
26 ポランの広場 56 ふるさとの歌
27 あまがえるの歌 57 高くかかげよ
28 星めぐりの唄 58 美しく青きドナウ
29 ちびすけうさぎの
   カルロスロサーノ
30 すすめ山賊

発刊にあたって(巻頭の言葉)

 音楽教育の会は、長年、すぐれた音楽作品を教材にすることを前提として 研究実践を進めてきました。

 そして、その実践を通して、子どもが瞳を輝かせてうたう音楽作品を、数百 曲、教材群としてもつようになり、これらの歌曲は私たちの貴重な財産になっています。

 このたび、各方面からの強い要望もあり、この教材群の中から、教室の実践 を重視始めた頃から教材として歌われ、永い年月を経た今日でも、うたうたび に新鮮さを増す歌曲を中心に『歌曲集T・U』として発行することにいたしました。なお、引き続き、V集以降の発行を予定しております。

 すてきな音楽に出会った子どもたちは、その歌のいいところを見つけて歌いだします。初めて「たんぽぽひらいた」という歌をうたうと、教室のあちこち に、かわいい”たんぽぽ”という声がひろがっていき、いつのまにか教室は”たんぽぽ”の花でいっぱいになります。

 すてきな音楽にふれた時、子どもは、その音楽の主人公になって輝きだすのだと思います。さまざまな”問題”を抱えている中学生でも、この歌曲集の中の歌に接したとき、本来の自分を取り戻して、自分の道を歩きはじめます。

 ここに納められた曲は、すべて授業や保育の現場で確かめられた曲ばかりで、本会の機関誌「音楽教育」には、毎号、このような教室での営みや、そこで育っていく子どもたちの姿が具体的に記されています。

 音楽は、愛・自由・希望を高らかに歌います。私たちはそういう音楽に出会い、子どもとうたう中で、私たち自身も人間として教師として成長してきました。その時、その瞬間にしか生まれない、その教室にしかない新鮮な音楽を創ってきました。本書の発刊によって、全国の様々な場所で、この歌曲集の歌が子どもと教師に歌われ、「音楽大好き」という子どもがたくさんうまれることを期待すると同時に、多様に発達する子どもの姿について、交流の場がいっそうひろがることを心から願っております。   音楽教育の会常任委員会

< HOME